時計を質店で査定する

時計やブランド品を売りたい場合、買取業者がすぐ頭に浮かぶと思いますが、質屋さんでも買取を行っています。どちらに持ち込めば高額査定をしてもらうことができるのか迷います。

しかし、買取業者でも質店でも査定額はさほど変わらないのです。どちらにもブランド品などの査定をするための専門の資格を持った人がいますから、買取額に大きな違いは出ないのです。

違いがあるとすれば、買取りスタイルに違いがあります。質屋は品物を一時預かりという形で現金と引き換えます。一定期間預かり、期間内に現金を持っていけば、預けた品物を再び手元に取り戻せます。しかし一定期間が過ぎると、その品物は質流れという形で手元には戻りません。

一時的に緊急にお金が必要で、ブランド品を手放すのに躊躇している場合は、質店を利用すると良いでしょう。預けた品物を期限内なら買い戻す猶予があります。

質流れになった品物は店頭で売られたり、買取業者に転売されたりします。
ただ最近は、質店でも最初から買取という形での取引が多くなっていて、買取業者と質店との違いはなくなってきています。

昔は質店を利用するのは、生活苦の方が多かったと言われていましたが、最近は質店のイメージが変わってきて、店舗も明るい感じの店構えで入りやすくデザインされているお店が多くなっています。
時計の他で家にあるもので買取に出すと高く売れることの多いものの定番としては、ピアノがありますね。

>>ピアノの買い取りについての解説

kaitori002

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>